This Archive : 2007年12月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

神の癒し。

2007.12.07 *Fri
MIKE GUGLIELMUCCI(マイク・ググリエルムッチ)。

シドニーがあるニューサウスウェールズ州の南、ビクトリア州にプラネットシェイカーズ・シティ・チャーチという大きな教会がある。この教会はオーストラリア中でカンファレンスツアーを行い、そのエネルギッシュな音楽と働きは、ユースを中心に多大なインパクトを与え続けている。そんな教会で主にベーシスト/ソングライター/ユースパスターとして活躍しているのが彼、マイク・ググリエルムッチだ。

つい数週間前のヒルソングメン&ウーメンにゲストスピーカーとしてきたマイク。

自分は奉仕のためその場所にいることは出来なかったが、

あとからそのメッセージDVDを買い、彼の証を聞き、そして泣いた。


彼はおよそ14ヶ月前にガン宣告をされた。

余命半年。

人生が180度変わってしまうような悪夢が彼を襲った。

今までとは全く違う生活。

車椅子に乗せられ、当たり前に出来ていたことが出来なくなり希望を失いそうになる。


その後、数ヶ月はまるで地獄のような苦しみだったという。

ガンのせいで骨が折れやすくなり、あらゆるところが痛む。

特に背中の骨が折れたときには、あまりの痛みに寝起きとともに吐き気に襲われたという。


でも、そんな生き地獄のような苦しみの中でさえも、

彼は最後まで神に信頼した。

そして自分が治るという確信を絶対に捨てなかった。


家族、教会、たくさんの人が断食をして、

泣きながら彼のために祈った。

ただ神の癒しがあることを信じて祈り続けた。


その結果、余命半年と言われていた彼が、

医者もお手上げ状態だったその病気から、

奇跡的に癒されたのだ!


メッセージの中、彼の口から涙とともに何度もあふれ出す言葉、

AMAZING -素晴らしい-

“Our God is amazing!! -私達の神は素晴らしい!!-”

“We serve an amazing God!! -私達は素晴らしい神に仕えています!-”


本当に神を経験した人が語る言葉の重み。

中途半端じゃいけない。

本気でそう思った。


彼がまだ闘病中の時に作った曲“Healer”。

神様に信頼していたマイクだからこそ書けた歌。

ブリッジパートで繰り返される、

Nothing is impossible for You -神に不可能はない-

という歌詞。

彼の人生そのものがまさにそれを歌っている。

是非、一度聞いてみてほしい。


歌を聴いてみたい人はここをクリック

マイク・ググリエルムッチのショートメッセージを聞きたい人はここをクリック


いい感じに更新が続いてるし、ランキングもぐんぐん来て欲しいっ!!クリックお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ


スポンサーサイト
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

時間がある幸せ。

2007.12.06 *Thu
今、時間がある幸せを噛みしめています!笑
ブログも過去2日分更新しました!
そっちのチェックもお忘れなく!

ランキングくだり傾向です…クリックをよろしく!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ


今日はバイトもなく、約束もなく

自由に自分の時間をすごした。


メッセージDVDを見たり、

散歩したり、

一人で部屋でCDを流してワーシップしたり、

ドラマ見たり、

気合いいれて料理してみたり、

ブログを更新したり。


そんなんしてたら、あっという間に夜!

こういうのもたまには好きだ 笑



上に一人でワーシップしたって書いたけど、

おれは時間があるときによくこれをする。


どんなに有名な教会の礼拝に行くより、

どんな有名なワーシップリーダーのリードで賛美するより、

この時間が神様を一番近くに感じる。


いつも泣きながら賛美して祈る。


自分の弱さに気づかされ祈り、

神の愛の大きさに気づかされ祈る。


力がわいてくる。

自信がわいてくる。


賛美の力ってすごい。


ダーリン・チェックが前にこんなことを言っていた。

ただ歌詞を読むのと、

それにメロディをつけるのとでは、

心への伝わり方全然違う。

音楽には素晴らしい力がある。って。


おれは歌を歌うのが好きだ。

ギターを弾くのが好きだ。

これは神様が与えてくれた贈り物だとおれは思っている。

目的を持ってね。

だから、神様のために使いたい。

一人でもたくさんの人が神の愛を知るために使っていきたい。

COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

祝 卒業!

2007.12.04 *Tue
ってことで、今夜は外食した。

別れ、卒業シーズンはどうしても外食が多くなる。

最近も外食が重なって、重なって、重なって…。

自制しなければ!とは思うものの、

“食”という三大欲求には到底かなうわけもなく…

ははは・・・笑

まあ、こんな時くらい許してあげよう!

20071206225411.jpg



今回はジャパサ友達、ゆかちゃんおすすめの上海料理屋。

店はそれほど大きいわけじゃないんだけど、

料理はおいしい!

特に餃子、まんじゅう系はうますぎ!

3、4種類挑戦したけど、どれもはずれなし!

20071206225336.jpg

↑特にこれ、たまんない。
かんだ瞬間に中から、旨みたっぷり肉汁がじゅわっとあふれ出す。

20071206225351.jpg

カレイもうまかった。
ニンニクがガッツリきいた塩味にピリッとからまるチリがなんともマッチしてGOOD!

20071206230548.jpg

この2人の笑顔が料理のうまさを物語ってるでしょ?笑

20071206225434.jpg

うまかったね~♪

また、日本から帰ってきたら行きたいな。


そんじゃ、カチッとよろしく↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ


COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

卒業式!

2007.12.03 *Mon
いよいよこの日を迎えた。

今日を持って卒業。



↓読む前にここをカチッとやっていただけるとこの上ない喜びです!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ



短いようで長く、

長いようで短かかった2年間。


式の最中、今までにあった色々な出来事が頭をよぎった。

英語ができなくて悩んだこと。

一生懸命がんばった課題のこと。

周りで支えてくれたたくさんの友達のこと。

親身になって色々やってくれた先生達のこと。

考え出したらきりがない。


でも、最終的に行き着く結論は、


- ここに来て本当によかった -


英語が出来ないからとあきらめなくてよかった。

周りから何を言われてもゆずらなくてよかった。

自分の人生にとってそれだけの価値がここにはあった気がする。


聖書の知識、音楽の知識、リーダーシップの知識。

色々勉強した。

でも、それ以上に人間として必要なことをここでは学んだ。


人としてどうあるべきなのか。

男としてどうあるべきなのか。

友としてどうあるべきなのか。

夫としてどうあるべきなのか。(まだ結婚してませんが 笑)

リーダーとしてどうあるべきか。

その時のおれに必要だったことを神様はベストタイミングでそなえてくれた。


そして、来年からまた新しいシーズンが始まる。

勉強においても、奉仕においても、

さらにステップアップしていく。


次にやろうとしているコースは英語がぐんっと難しくなる。

課題も今までと比べ物にならないくらい難しい。

アカデミックな知識も要求される。


JAPASAではワーシップパスターとしてチームをリードしていくことになった。

今まで以上の責任が要求される。


立ちはだかるチャレンジに対して不安になるのは簡単だ。

でも不安はクリスチャンに必要ない。

ただ自分を、そして神を信じて、

信頼して前に進む。

自信を持って、

何度転んでも起き上がって、

前に進む。

なぜって?

おれ達は弱くても、

おれ達の神に不可能なことはないから。


これからも期待していきますよー!

COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

卒業パーティ!!

2007.12.01 *Sat
長らくお待たせしました!
久々の更新ですね。気合いいれていこー!

それじゃあ、おとといあった卒業パティーの様子を軽くご紹介。

今回の会場は、高級レストランが立ち並ぶ場所として知られている、シドニーダーリングハーバーのとあるホール。
もちろん貸切っ!しかも学生は参加費無料!
素晴らしいでしょ?

さらにこの日、友達と計画した野望を実行。
それは“リムジン”に乗っての会場入り!!
いやーやっちまった。おれにとっては人生初の経験!
ホントは自分の結婚式まで我慢しようと思ってたけど、
まあ、下見ってことでw 
感想はシンプルに『ゴージャス!!』
映画スターはこんなもんにいつも乗ってんのかと、
ちょっとうらやましくなった。

リッチな気分を味わったあとはパーティを満喫。
まずは食事!
今回はエントレに始まり、メイン、デザートというコース料理。贅沢なメニュー達を心から満喫。おれの胃袋も満足なご様子でした 笑

その後は写真タイム!
じゃ、スライショー行ってみよー。

まずは、ヒルソングの元ユースパスター、フィル・ドゥリーと満面の笑みで一枚!!
20071201102921.jpg


お次は我がヒルソングチャーチシニアパスター、ブライアン・ヒューストンと!
20071201103046.jpg


まだまだ行きます!ヒルソングのワーシップをこの人抜きには語れない!
ダーリン・チェックとの一枚!
20071201102938.jpg


もうこれだけでも満足…(ちょっとミーハーw)

ここからは友達と。

まずは、フランス人ダニーとの一枚!
20071201102800.jpg


そして、ジャパサのギターリストでもあり、親友でもあるアメリカ人クリス。こう見えて19歳です!笑
20071201102825.jpg


そして、アジア人の仲間達と!
20071201102856.jpg


そして、ヒルソング・ジャパニーズ・エクステンション・サービスパスター、涼&清香と!
20071201113733.jpg



写真タイムの後は、毎年恒例、ダンスホールの始まり!
ヒルソングのめちゃうまバンドによって、ソウルな音楽が会場に響く。
そして、続々と人がステージの前に集まって来る。

おれも踊った!心行くまで、汗だくになってもなんのその!
もちろんノーアルコールだが、みんなのテンションはマックス!

会場はこんな感じ↓
20071201103139.jpg


ホント楽しい夜だった。
来週の月曜日が卒業式があり、それが終わると今まで一緒にカレッジで頑張ってきた友達がそれぞれの国へ帰っていく。実際にもう会わない人もいるかもしれない。でも、ここで一緒に学んだこと、過ごした時間は本当におれの人生にとってかけがえのないものだったと思う。

最後に一人ひとりに『ありがとう』って言いたい。
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。