スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

賛美=ライフスタイル

2007.01.19 *Fri
最近、訪問者のカウンターを見て思う事がある。

見る人が増えてきてるっ!?

うれしい驚きだね!

あ~こんなブログでも読んでくれてる人がいるんだなぁっていう。

前に東京の教会に行ったとき、今までに一度も会ったことない人からもブログ見てます、励まされてますって言われてめっちゃうれしかった!

やっぱ読んでくれる人がいるから書こうと思えるよね!

読んでくれてる方々、ホントにありがとう!

これからもみんなの人生が神様の祝福であふれますよ~に♪


今日はJ-FREAKにスペシャルゲストがやってきた!

それは愛知の新城教会の滝本望先生とその息子2人、親戚の男の子1人だ。

今回は滝本望先生が賛美リードとメッセージをしてくれた。

パワフルなワーシップリードは現役を退いた今も健在!

ギター一本だったのにも関わらず、歌い始めた瞬間に神様の力が働いてるのがわかった。

いつも歌いなれた賛美なのに、それがすごい心に入ってきたんだよね~。

久々に、はぁ~すげぇと思ったな 笑


メッセージの内容は賛美について。

詩篇149編からのメッセージだった。

この箇所のなかに『おのれの床の上で、高らかに歌え(5節)』と書いてるところがある。

ここで先生が言ってたことに、おれはものすごい納得した!

睡眠っていうのは人間にとって必要不可欠なものだよね。

人の一生の中で一番占める割合が高いのがこの睡眠っていう行動。

そう、寝床はまさに生活の中心的場所だ。

ここで神様が言わんとしてることは、賛美を生活の中心におけということだという。

賛美はライフスタイルそのものなのだ!

教会で歌うだけが賛美といわれるものじゃない。

心の中にあふれて、流れてる歌が賛美なのだ!


それともう一つこうも解釈できる。

ぼくたちが今生活している場所、生活の中心になってる場所。

たとえば、おれの場合は今釧路にいる。

神様はそこで高らかに歌え!って言ってるんだ。

先生がいうに、釧路を変えるのは釧路の人が作った賛美、北海道を変えるのは北海道の人が作った賛美、日本を変えるのはやっぱ日本人が作った賛美らしい。

その土地にあった、そこに住んでいるからこそ出来る賛美ってのがあるらしい。

そして、それがその地域を変えるのだ。


おれも今ヒルソングに行っていて思うことがある。

あれはオーストラリアの賛美だよなぁ~って。

日本でもたくさんの教会で歌われてるし、いろいろな国でも歌われてる。

それがものすごいインパクトを与えていることも知ってる。

でも、一番しっくり来るのはやっぱりオーストラリアでオーストラリアにあるヒルソングチャーチがそれを歌ったときなんだよね。

海外にはいろいろなすばらしい歌がある。そしてたくさんの賛美が訳されて日本でも歌われてる。

でも、日本で作られた賛美ってそれほど多くないと思わない?

昔から歌われている歌も大抵は英語から訳されたものだ。


先生が日本で大きな集会をやったとき、あるアメリカ人がこんなことを言ったらしい。

「なんで、日本人は自分達で作った歌を歌わないんだ?日本を変えるのは日本人が作った賛美だよ。」と。

日本の歌もヒルソングに負けないくらい、海外のミュージシャンに負けないくらいのインパクトを世界に与えられる素質を持ってる。

日本人しか作れない賛美、心の叫びが今の日本には必要なのだ!!

日本のホントに核になる部分を根本から変えられる賛美って言うのは日本人の賛美なんだと思う。

ここで一句。

-闇に光差込みし今宵 大和の魂は蘇る キリストの名の下に-

なぁ~んてね!

字数めちゃめちゃだけど 笑

でも、日本語ってCoolとBeautyを兼ね揃えた言語と思わない?

おれはもっとひとりひとりが日本人であることに誇りを持っていいと思う!

ブラジル人はその面に関してすごいいい物を持ってると思う!

友達のブラジル人もサンバを歌ったり、踊ったり、自分の国の文化をすごい大事にしてるし、自分の国をものすごい愛してる!


オーストラリアもいいけど、おれはやっぱ日本が好きだなぁ~!

マジで日本が変わって欲しいって思うよ!!

みんなもそれぞれの場所で、それぞれの場所ならではの賛美を作って神様を思いっきり賛美しよう!

ものすっごい長くなったけど、読んでくれてありがとう!
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。