スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

一瞬のような一週間。

2006.07.28 *Fri
また一週間が風のように過ぎた。

カレッジが始まってからと言うもの、時間がたつのが早すぎる。

まあ、それだけやることがあって、充実してるって事だろうけど。

母親と弟がこっちに来る日も来週と近づいてきてるに、やらなきゃならないことがさっぱり進んでいない自分に最近腹が立ってきた 笑

しっかりしろ!おれ!

今日は学校が終わり、毎週金曜日のクリーナーの当番を終え、ライブラリーへ直行!アサイメントの調べ物だ。ドクトリンについての超ムズい本を読んで調べなきゃいけない。
はぁ~しかし、あの本を見ると読む気なくします 笑

で、帰ってきたらそのまま昼寝してしまった!やっぱ、人間疲れには勝てません…!昨日、夜遅くまでインターネットで調べ物してたのが原因だろうけど。

パワーハウスが始まる40分くらい前に起き、あせって準備して家を出た。今日は、また新しい日本人の女の子二人にあった。片方は2週間だけ、交換留学でホームステイをしにこっちにきている高校生の女の子。ホームステイ先がヒルソングのクリスチャンの家族らしい。
もう一人の女の子は、教会がある場所のとなりのサバーブに住んでいるクウォータージャーマンで、こっちの高校に通っている女の子。ヒルソングに結構長く通っているらしんだけど、今まで見たことなかったのでちょっとびっくり!しかも、あっちもヒルソングで日本人と話したのは初めてだとか 笑 おもしろっ!

先週からのパワーハウスのテーマは“LOVE”
結婚する前の男女の関係はどーあるべきか、デートのしかたや、SEXのことについてなどなど結構ためになる!
しかも、若いパスター夫婦を使ってのメッセージなので、その人たちの経験からもたくさんのことを学ぶことが出来る。おれの今まで日本で持っていた恋愛観念は結構間違いがあったことに気付いた。

今まで、そんなに詳しく日本の教会では聞いたことがなかった。日本のクリスチャンで疑問がある人はたくさんいるはず。
ヒルソングでは、感情を持ってデートをするときは自分がクリスチャンなら基本的に相手もクリスチャンであるのがベストだと話していた。そして、だれかと付き合う時ってのは、絶対に結婚を視野に入れろとのこと。今、日本では彼氏彼女がいない暦何年とか、好き=つきあうっていうような間違った観念が出来上がってしまっている。そして『付き合う』ってことが本来の意味より軽く見られてるのが今の日本の現実だ。本来はそんな一時的な感情だけで簡単に決められることじゃないのだ。

そして、なによりも強く言っていたのは、結婚前にSEXをすることの危険さ。肉体関係の上に成り立ってる愛情よりもろい男女関係はない。間違った恋愛観念は相手の心を傷つけるだけなのだ。日本の社会では結婚するまで童貞や処女でい続けることが、まるでおかしいかのように話す。そして、その経験がまるで自分を大人にするかのような捻じ曲がった考え方が出来上がっている。確かに世の中的な価値観で見れば、婚前SEXは当たり前のことなのかもしれない。でも、クリスチャンとしてそれをホントの愛とは呼ばない。ホントの愛とはお互いに相手を尊重して、自分をコントロールできること。肉体関係でつながる愛じゃなく、それを超えた信頼関係でしっかり結ばれていることなのだ。そんな二人の結婚ほど素晴らしいものはない。結婚は神聖であるべきだとおれは思う!

そんなん無理だろ~!今時ばかじゃね~?って思ってる人がいるなら、その人は将来ホントに満足のいく結婚は難しいだろう。それくらい今のおれたちは選んで行動していかなきゃいけないのだ。堅いな~って思われてもいい。それは、堅いんじゃなくて本来あるべき姿だから。神様は人間をそのようにデザインしたんだ。

このブログを見てくれてる人たち、自分の体はきよく保とう!
童貞、処女でいること、それがホントは当たり前なんだから!
もし経験を持ったことがある人がいるなら、今からでも遅くないと思う。ホントの愛を手に入れよう!体だけの愛は心を満すことはできないよ。

おれは、今日このメッセージを聞けてよかった!みんなで最高の結婚を手に入れよう!


スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。