スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

Mandate Thursday!

2007.04.05 *Thu
日本ではあまりなじみのないイースターウィーク(受難週)。

ここオーストラリアでは、明日から来週の月曜までホリデイに入る。

ほとんどの店がクローズするため、今日は3日分の食料を買いだめしてきた。

さもないと餓死してしまうからねw


イースターウィークについて簡単に説明すると、金曜日をGOOD FRIDAY、土曜日をEASTER SATUDAY、日曜日をRESURRECTION SUNDAYという。

Good Fridayはイエスの死を祝うもの、そしてResurrection Sundayはイエスの復活を祝う日だ。

これらの日は世界中でも比較的良く知られているが、Mandate thursdayと呼ばれる今日、木曜日はまったくと言っていいほど知られていない。

これは何を祝う日かというと、イエスが最後の晩餐で弟子達の足を洗ったことを祝う日なのだ。



そんじゃ、今日のヒルソングMENのプリーチングの中で語られたことから少しシェアしよう。

ヨハネ13:34-35にかけて、イエスはこの日弟子達に新しい命令(NEW COMMAND)を与えた。これがMandate(命令) thursdayと呼ばれる結わいだ。

そのイエスの新しい命令というのが、“人を愛する”ということ。

『え?そんなことは旧訳の時代から言われてるでしょ?』と思う人もいるだろう。

でも、ここでNEW COMMANDと言った理由は、イエスが愛したように人を愛する(34節)ということからだ。

イエスが生涯をかけて人々に示したきた愛の模範にしたがって、おれ達も人に愛を示しめしていくことが、ここでイエスが言わんとしてることなのである。

しかし、ここで言う“愛”はおれ達が普段使う好きな人だけを愛するようなモノではない。

この愛は“アガペーの愛”。すなわち見返りを求めない愛をイエスはおれ達に求めているのだ。

ここで大切なのは、おれたちがこの命令に従うことを選ぶことだ!



でも、どーやって愛を示すのか?

イエスが模範として示した愛のパターンから、4つのポイントで話そう。

①Speach 人にナイスに話そう!けなすのはタブー×
②Service 模範となる愛を行動をもって人に見せよう!
③Sacrifice 自分の出来る限りをささげよう!
④Submit 人に対してへりくだろう!


『まず自分を愛せなければ、人を愛すことなんて出来ないよ。』なんてことをよく耳にするが、これはあくまで哲学者の考え方であり、聖書がベースになっているものではないという。

これにはおれもびっくりした!

Ⅰヨハネにこう書いてある。
『私達は愛しています。まず、神が私達を愛してくださったからです。』
 
おれ達は神に愛された時点で、人を愛することが出来るのだ!!

自分を愛せるまで人を愛するのは待とうな~んて思っていたらダメよw



弟子の足を洗うという行為は、普通に考えればありえないことだよね。

汚い泥だけくさい足を洗うのは、石鹸が発展した今でもやりたいとは思わない。

これは弟子達一人ひとりを本当に愛していなければ、そしてイエス自身がへりくだっていなければ出来ない行為だと思う。

イエスは自分を裏切るユダの足までも洗ったしね!

神の愛というのはなんてデカいんだろう!!


このメッセージを語ってくれたパスターも以前、ヒルソングカレッジがまだ30人程度だったころ、これと同じメッセージをしているときに聖霊に『生徒一人ひとりの足を洗いなさい。』と語られたことがあるらしい。

そして、彼はそれに従ったのだ。そう、従うことを選択したのだ。

その時、そこ一人の韓国人の生徒が来ていた。そして、何かのきっかけでその2年後くらいにまた再会することにあり、一緒に話す時間を持ったらしい。

そして、その会話の中で、カレッジ生活の中で一番印象に残っていることを聞くとこのパスターが足を洗ったことだと言ったのだ。

このパスターは昔ヒルソングカレッジの校長をしていたのだが、校長が生徒の足を洗うと言う行為は、プライドの高い韓国の社会では絶対にありえないことで、それは彼の人生を変えるほどのインパクトを与えたという。パスターが見せた愛の行動と証が一人の人間の人生を変えたのだ!!

イエスの示した愛に従うことと、神が私達を愛するような愛で人を愛することは、その人の人生を180度変えるだけの力を持っている。だから神がおれたちをこれだけデカい愛で愛してくれてることを知った今、おれたちもこの愛に従って、実行していく人間になりたいね!
スポンサーサイト
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

>ayumu
おっけー。下のおれの名前をクリックしてメールくれたら、そのアドレスに何曲か送ってあげるよ。Hillsongの歌だから、コピーライトの関係でWEBに載せるのは無理だけど。でも、これからはHillsongのHPからも日本語の歌詞がダウンロードできるようになったよ。ちょっとお金かかるけど。最近の新しい曲はアップされてるかわかんないけど、古い歌ならあると思う。そっちも見てみてね!
2007/04/14(土) 07:46:11 | URL | つばさ #- [Edit
My desire.
ツバサさんはHILLSONGの曲を日本語訳したりしてるんですよね。今バンドで英語ばっかりしてるんですけどヤッパリ伝わりにくいいんで、できれば日本語訳を教えてもらいたいんですが良いですか??
Salvation Is HereとかYuors Is The Kingdomとか
Look To YouとかKing Of Majestyとか
Take It AllとかWhat The World Will Never Takeとかすごーく暇になったらでいいんで。
2007/04/11(水) 20:23:35 | URL | ayumu #tmeLxSYc [Edit
>オレ!
Productionの奉仕ご苦労さん!朝5時半とかから起きて奉仕はやっぱ体力的にきついだろ。しかもこの日、フォールドバックなしでやったんだろ?だれデスクに水こぼしたヤツ?w
ロバートのメッセージはいつも教えられるよ。新しい発見が必ずあるから楽しいよな!マイ フェイバリット プリーチャー! 


>ツトム
確かにそう思うよ。でも、聖書で言う愛はActionだとも思う。神が始めに愛してくれたから、愛し方を示してくれたから、おれたちはActionを通して人に愛を示すことを知ったわけだろ。でも、『隣人をあなた自身のように愛せよ。』っていう言葉もあるしな…。難しいトコだよな。深いと思うわ。

愛は深い。おれたちが普段どれだけ軽い気持ちで愛だの、好きだの言ってるか馬鹿らしくなってくる。神の愛ってそれぐらいでかいものだよなぁ。

2007/04/07(土) 08:07:56 | URL | つばさ #- [Edit
そんないいこと言ってたんだ。
オレは朝からProductionの手伝いもあったし、
始まる前にハプニングがいろいろあったし
始まる頃には眠くて死にそうだった(苦笑)

でも今これ見てわかったらよかった(笑)

Thanks
2007/04/06(金) 23:02:20 | URL | オレ! #- [Edit
でも人をマジで愛せる人って、自分もマジで愛してる気がするけどな。。

愛。本当おれも永遠のテーマだ。さんざん今までの人生で愛を受けてきても、自分の人に対する愛のなさに愕然とする。self-denial。自分の利益の前に人の利益、喜びを置く愛。なかなか簡単に行かないよね。超struggleだべ。 もの凄い勢いでスザマジイほどの愛を受けてるんだからその勢いで上からの愛を横に流す筒の広いパイプになりたいね。

愛を持って行きていこう。

ツトム
2007/04/06(金) 14:21:24 | URL | ツトム #3UG7ZRW. [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。