スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

サッカー小僧。

2007.04.14 *Sat
小学校3年生の頃、当時6年生だったある先輩のプレーに魅了され始めたサッカー。

こんな格好いいスポーツが他にあるか??
本気でうまくなってみたい!
幼心にそんな気持ちを与えてくれたサッカー。

小学のみならず、中学、高校までも気づけば部活はサッカー。

この成長期真っ盛りの時期、背が低いのと短足になった理由をさっかーのせいにして、何度バスケをとらなかったことを悔やんだことか!笑

それでも学生生活最後の最後まで続けたサッカー。

果たしてこれは運命の出会いなのか?
はたまた単なる腐れ縁なのか?w

今もなんだかんだでサッカーとはお友達だ。
このクリケットとフットボールにしか興味がないオーストラリアで、なぜかおれはサッカーをやってる。
なんか笑えるw

翼っていう名前とサッカー。
きっと、これは切っても切り離せない関係なんだろうw


今日は、いつもサッカーをやっている場所で5人チーム対抗のミニサッカー・リーグ戦が開催された!いつも一緒にやってるメンバーもいれば、この日のためにチームを作って参加した人たちもいる。

おれたちのチームの名前は“Asian”
その名の通り、インドネシア人と日本人によるアジア人チームだ。他にもヨーロッパ人同士でチームを組んでる人もいれば、オージーのチームもいた。

俺達の一戦目はスェーデン人のチーム!うまい!そして速い!
一番始めの試合だったこともあり、チームのまとまりに欠けて“Asian”早くも1敗…。


しかーし!ここからの追い上げがすごかった!!!

次の試合は2-1、その次は1-0と勝利!
そして、始めに戦ったスェーデンチームはどこかに敗退したらしく、チーム“Asian”はこのリーグをトップで通過!わぉ。

そして別のリーグの2位通過とセミファイナル。
苦戦しつつも、1-0で勝利!

そして、ファイナルはというと…


なんと…


1-0で…


勝ちましたっ!!

そう、俺達チーム“Asian”何気に優勝しちゃったんです!w
アジア人のチームワークは世界に通用することを確信しました!


・・・とは言ったものの、ホントにこんな終わり方でよかったのか?w

まあ、でもこの優勝のおかげで、おれの中では少しだけ前回のワールドカップでの汚名を晴らせたような気がする!笑

ってか最終的に何を言いたいかって言うと、

やっぱおれはサッカーが好きだわっ!!笑



P.S. mixiにのせた日記をそのまま使っちゃってま~すw 
   すでに読まれた方、同じ内容ですいません!
  

スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

>ayumu
ちゃんと届いてるよ!返事返さなくてごめんね!
ちょっと時間かかるかもしれないけどいいかい?歌詞が今手元にないもんで。
2007/04/16(月) 23:02:50 | URL | つばさ #- [Edit
スカッ!
俺もサッカー大好きです!!誰がやっても楽しめますよね。学校の体育でも一番人気です。
いや~それにしてもワールドカップの汚名返上ができて良かったッスね。記事よんでる側もスカッとしました!!

2007/04/16(月) 22:43:55 | URL | ayumu #tmeLxSYc [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。