スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

hillsong人が集う店

2007.06.04 *Mon
が、おれの働くすし屋。

今日もヒルソングのユースパスター、フィル・ドゥーリーの奥さんのルシンダが子連れで食べにきていた。おれがここで働き始めてから、今日でルシンダ&子供を見るのは3回目くらい。親に似て子供たちもかなり元気だ。

店に入って席に着くやいなや自分達のお気に入りを即注文。

『アボガド・チキンロール、プリーズ!!』

知り尽くしている…。

そして、ルシンダも必死に注文する。

…ちょっと笑えたw


このほかにもこの店にはたくさんの著名人が顔を連ねる。

おれがこの店に面接を受けに来たとき、そこにはルーベン・モーガンのバンドのギターリスト、ベン・フィールドとヒルソング・ユースのボーカルのJDが…すしを食っていたw
不思議な光景だw

そして、さらにこの間はジョエル・ヒューストン、ミア・フィールドなどヒルソング・ユースの作曲を手がけるツワモノ達が来店した。

そう、この店はまさにヒルソング人御用達のすし屋なのだ。

まあ、韓国人経営だけどねw


そして、たまに店に来る客の一人に、ヒルソングのエクステンションサービスをまとめているリーダーのダレン・キトーというパスターがいる。彼は凄腕のコメディアン。だが、日本人にとってはかなりイターイ存在なのだ。なぜかというと彼は場所を問わずすさまじい日本語を連発するw 彼の爆弾発言事件は教会でも、そしておれが今働いているすし屋でも起こった。

事件① -教会にて-
Hillsongの礼拝ではネイションビルダーという世界各国の教会をサポートするための献金を募ることがあるのだが、その時はたまたま東京にあるジーザス・ライフハウス・チャーチに対する献金だった。そして、メッセージ担当はダレン。ビデオクリップが流されて、その後にダレンが言った言葉、それは…

『便秘ー!』

ちーん…

おい、それはどう考えても公共の言葉じゃねーだろと突っ込みたくなる一言だった。


事件② -すし屋にて-
これは友達から聞いた話なのだが、友達が働いているときにフィルとダレンが仲良くすしを食べに来たそうだ。そして食事が終わり、その帰り際にダレンが発した言葉、それは…

『チ○チー○!!』

友達は爆笑。店員と客は日本語がわからないため無反応…。
にしてもこれはさすがにまずいでしょ…笑

でも、まあこんなパスターがいるからヒルソングは面白いんだけどね!


そんなこんなでヒルソング人の隠れたたまり場になりつつあるすし屋の紹介でした。これからどんなヒルソング人たちが食べに来るのか実はちょっと楽しみだったりする(笑



P.S 
ブログランキングに登録してます!
左の欄にある“海外ブログ”タグかキリスト教”タグをクリックしてもらえるとうれしいです!
みなさんのきよきワンクリックをお願いします!
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

>Miku
Hills田舎だからしょうがないっしょ。ダレンはマジで面白いよw
2007/06/12(火) 19:09:30 | URL | 翼 #- [Edit
さすが、アイランドことヒルズ、食べる場所も、その辺しかないってことなのね。
それにしても、おそるべし、ダレンv-12
2007/06/07(木) 14:13:03 | URL | miku #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。