スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

ここにいる理由。

2008.02.14 *Thu
最近忙しくなって、ろくにブログも更新しなくなり、

毎日、学校と宿題のことで頭がごっちゃになり、

それでも何から手をつけていいのかわからず、

ただただ時間が過ぎて行ってしまって、

正直へこんでますw


すいません、弱気な日記で。

まあ、おれもいつでもポジティブな訳ではないのです。

クリスチャンだけど、その前に人間なので。

でも、これをポジティブに変えて行くのがおれがこれからして行かなければいけないことだと思っています!

いつまでもこのどんより、薄暗い空気に浸ってる訳には行かないからね!


最近周りのことや与えられた仕事のことで頭がいっぱいで、

今ここにいる理由や目的をすっかり忘れてた自分に気づいた。

ただただ目の前にるタスクをこなすことばっかに頭が集中して、

完全に頭から神様に目を向ける時間が抜けてしまっていたのだ。


これはまずい。

勉強だって神様が中心じゃなきゃいけない。

信仰が中心にない生活の中で神様のことをもっと知りたいって思うのってすごく矛盾してると思った。


おれはおれらしく神様が今与えられていることを精一杯やればいい。

飾る必要だってないし、弱さを隠そうとする必要だってない。

すべては神の栄光のためで、

自分が世間から認められるためじゃない。

そのへんがすっぽり抜けていた自分が情けない。

もっと、神様との時間を大切にしなきゃな。


きっと、どんな勉強だってそうだろう。

自分のためじゃなく、

神様に将来使われる器になるため、

今勉強してることが神様のために生かされるためと思ったら、

もっと本気になれるはず。


この前、いとこのツトムのブログ“ツトムジャーナル”のモチベーションという記事を読んだ。

ツトムのルームメイトが自分が勉強をがんばる理由は神の栄光のため、

だから自分は今自分ができることを精一杯やるんだと言ってたという文を読んだ。

心からすごいと思った。

おれもこういう風になりたい。

自分がする行動、勉強すべてを通して神の栄光を表して行きたい。


課題で必要な本が売り切れで買えなかったり、

課題もノーアイディアって感じだったり、

うまく行かないことはたくさんある。

でも心配するのはやめようと思う。


“純粋に神様をもっと知りたいと思う心”

それが今の自分に一番必要なことだと思ったからね。

この気持ちを忘れずにこれからがんばろうと思う。


自分がここにいる理由。

それは一つ、

神の栄光を一人でもたくさんの人の前に表すためだ。


それじゃ、今日もポチッとよろしくお願いします!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

スポンサーサイト
COMMENT : 10  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

ゆふ
久しぶり!おれは元気よ~。
初コメありがとう!

ゆふがアートを専攻してるとは知らなかった!
すごいね~ちょっと尊敬したw

やっぱどんな勉強も大変だし、キツいもんだよね。でも、こう頭がぐあ~っとして来たら、ちょっと落ち着いて神様のことを考えてみるのすごくいいよ。心がすっとなるから。
それに逆に神の栄光表さなきゃ!って無理して力む必要もないと思うしさ。人と比べがちになるのもすごくわかるけど、ゆふはゆふじゃん!それでいいのさ!
自分らしくがんばってこー!

こう思えるのクリスチャンの特権だね!

Yuichiro
サンクス!ブロー。
Andy Nakajimaさん
初めまして!コメントありがとうございます。
やはりここは誰もが経験すところなんですね。すごい励まされました!こうやって先輩から言われる言葉にはホントに力がありますね。やっぱり壁にぶち当たらなければ人間成長しないとおれも思います。だから今はいい訓練です!がんばります!

早速、先生のブログ拝見いたしまして、そそくさと勝手にリンクまで張らせてもらっちゃいましたw 
すいませんw

これから色々本の紹介もしていきますね。クラスでどんなことを勉強したかも書いていこうと思います。

これからもこのブログをよろしくお願いします!


tomoくん
そうだよね。どれだけ今の自分の環境が祝福されてるか普段考えることが少なくなって来てたことを反省します。おれの人生がこれからたくさんの人にインパクトを与えていくため、今はそのための準備期間だと思う。おれもそのたとえの後者のようにコツコツ努力をして、忠実に正義を貫ける人を目指したいな。


そこで乗るなw
タスクがかわいそうだろ!w

tusk
あ~わりぃw
でも、そんなこと書くわけないだろ!
まあ、ちょっと面白かったけどw
2008/02/15(金) 19:08:31 | URL | 翼 #- [Edit
つばさぁ!久しぶり☆彡ぉげんき?
何気に初コメしますw

今日の日記読んでめっちゃ励まされたよ。
と同時にすっごく痛かった。

>勉強だって神様が中心じゃなきゃいけない。

信仰が中心にない生活の中で神様のことをもっと知りたいって思うのってすごく矛盾してると思った。


ってトコ、あうちーーー!!w

本当にそうだよね、
なんか学業も全部神様に与えられてる特権であり祝福であり任務であり、全てのコトにおいて神様に栄光返すものとしてつかわされる事ってわかってるんだけどさ、やっぱりテストや課題でstressになってさ、
あぁ~どしよ、超死ぬ、やばい、わかんない、できない、無理!!!ってなっちゃうんだよね。。。

特に私はアート専攻なんだけど、
他の人と比べちゃう傾向とかもあるからさ
思うようにうまく作品がつくれなかったり、
too much work load で超 overwhelmingな時がいっぱいあって(っていうか常にあるw)
もぉーーーーーーーーぃや。w

なんかぱっと頭切り替えて
心切り替えて

i'm doing this for nobody else but JESUS!!

って心から思って学業に励めるようになりたぃ。。。

2008/02/15(金) 18:16:26 | URL | ゆふ #zstLrmww [Edit
祝福あれ。マイブラザ。
2008/02/15(金) 15:18:51 | URL | yuichiro #- [Edit
翼君、こんにちは!

「一足先に夢をかなえに行ったイトコがいる」とツトムから聞いていたので、ずっと気になってブログを読ませてもらっていました。今回、初コメですが、ツトムのお父さんからも翼君のことは聞いてました。

僕も神学を勉強していたことがありましたが、あの時がある意味、一番辛かった!(T.T)やることは高度だし、英語だし、訳わかんなくなってくるし、宿題や読み物ばっかりたまってくるし...。なんか「何のためにやってるんだろ?」という気持ちになったのを覚えています。(幸いに、いつもではありませんでしたが...。)

でも、今牧師になってみると、教室で学んだ知識はもちろん、あの時にイライラしたこと、弱気になったこと、落ち込んだこともちゃんと役に立ってます! ”壁にぶち当たったことのない牧師”って、「日本人なのに日本語が通じない人」みたいに見られちゃうんですよね。

ところで、僕、オーストラリアって行ったことないので、どんどん教えてください。あこがれのヒルソングってどんなクラスがあるのかも知らないし、どんな本を読まされてるのかも興味あるし...もう過去記事で書いちゃったかもしれないけど、時間があったら教えてください。

では、応援してます!




2008/02/15(金) 11:02:42 | URL | Andy Nakajima #- [Edit
まあちょっと小話を。


あなたは、重い病気にかかり手術が必要になりました。町にはAとBという2人の医者がいます。Aは町の立派な総合病院に勤務しているが、Bは町医者で、設備面ではちょっと心もとない感じ。あなたは、どちらの医者を選びますか?

命を左右するような重い病気なら、あなたは万全を期して「困ったときに相談すべき医師はこの人だ!」のような本を読み漁って、AとBの情報を手に入れようとするかもしれません。

そうこうしているうちに、ひょんなことから、あなたはAとBが医学生時代に師事した大学教授と会いました。AとBについて尋ねてみたところ、「Aの学生時代は、勉強は適当にこなすという感じで、授業もサボってばかり。各科目ともスレスレで合格ばかりだった。一方Bは、自分が子どものときに大病を患った経験から、『自分がある医師に救ってもらったのと同じように、人の命を助けたい』と医師になる目標が明確だった。勉強も実習も真面目にコツコツと取り組んでいた結果、成績も素晴らしいものを残した。」

たまたま知ってしまったAとBの過去。生きるか死ぬか、命がかかっているあなたは、もちろんBに診てもらうでしょう。

さて、永遠の命に関わる学びをしているあなた。今の学びに、あなたはどう向き合っていますか? あなたは、今の学びが、将来人の永遠の命にどのくらいimpactを与えることになるか、考えたことがありますか?


俺は成績至上主義者じゃないけど、上の話を聞いたとき、自分の学びに対する姿勢を考えさせられたね。

社会人から見れば、勉強できるという環境はうらやましいよ。それも、神学を勉強できるなんてなおさら。楽しんでくれい!
2008/02/15(金) 09:28:47 | URL | tomo #NQuTWvPQ [Edit
>Tusk
ここにいる理由=
ただただ目の前にあるタスクをけなすこと
新しいね。
2008/02/15(金) 01:21:49 | URL | #- [Edit
ただただ目の前にあるタスクをけなすこと

だと一瞬読み間違えたべ。


そこせめて英語でうってくれよ。

あーびっくりした。
2008/02/14(木) 23:58:59 | URL | Tusk #snlTmAus [Edit
ゆいちゃん
ありがとう。すごく励まされたわ~!
神様の愛ってすごいよね。なんかすごいって言葉でまとめるのは失礼なくらいすごい。もうだめだ~って思った時に必ず力をくれる。おれにとって今日がまさにその日だったんだ。今は勉強できることがなんかうれしく思えるよ。今の自分のままで神様のために一生懸命やってみようって思うわ。みんなの応援すごく心強いです!ありがとう!


そうだね。自分ができないって悟らないとホントの意味で神様を求めるのって難しいのかもしれないね。素晴らしいアドバイスをありがとう。おれも男だけど、外見ばっかりに目を取られるんじゃなくて、心から輝ける人になりたいね。
ブログも更新していくから、また見に来てくれぃ!
2008/02/14(木) 23:42:31 | URL | 翼 #- [Edit
出来ない時だって、あなたは素敵で高価で愛されてて恵みで満たされてて・・・ね!(↑もう知ってるやろぅけど)でもさ、これって真剣に考えてみたら「え゛ェェェええええ?!?」ってくらいびっくり+恐縮なコトやんね~。何も出来てないんですけど?ダメダメなんですけど?落ちるとこまで落ちてるんですけどホンマに良いんですか?っていう私らの叫びに、神様はそのままを愛してるょって答えて下さる。感謝です。
何やってもアカン日ってあるょ。週ってあるょ。月って、年って・・・(汗。いや、ホンマに(笑 んあぁぁ~もぅ!!!ってなるけど、きっとそういう時期にこそ、見えない成長があるんやろうね^^ありのままの翼さん、めっちゃ素敵やで◎

ブログで毎日様子が分からなくても、オーストラリアの地で主を求め、日々闘いながら生きている仲間を想って、世界中から皆で応援しています!あなたの信仰は輝いてるから、更新出来ない日があってもその光は私達に伝わってます^^ 嬉しい奇跡を分かち合ってくれて、いつもありがとうね!! これからも応援しとりまっ!! 
ぼちぼち行きまひょ~♪
2008/02/14(木) 23:19:51 | URL | ゆい #- [Edit
>ただただ目の前にあるタスクをこなすこと
松倉タスクはオーストラリアに移住したのかと思った。

毎日忙しそうだね。
ワインを飲む時間も無いでしょ。

私もクリスチャンだけど、人間だし、女です、
第一テモテの二章に
「真珠や金で飾るのではなく、良い行いを飾りにする女になりなさい」みたいなことが書いてあったよ。
私は今はしがない学生なもんだから真珠も金も持ってないけど、良い行いで自分を飾っていきたいと思う。
つばさ君、うちらは自分の弱さや小ささを知った時ほど神様の前で素直になれるよ。
ブログの更新、無理せず自分のペースでやっておくれ。
ハッピーバレンタイン。
2008/02/14(木) 19:12:56 | URL | #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。