スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

純粋に神を求めたい!!

2008.02.29 *Fri
“純粋に神様を感じたい!”

“純粋に神様の愛に浸りたい!”

最近、そういう風に思うことが多くなった。


理由は簡単。

最近忙しさを理由に神様との個人的な時間を持つことが少なくなったからだ。

こんなんじゃだめだ!っていつも思ってるんだけど、

ただ思ってるだけで変われない弱い俺。


聖書を読まないと、祈らないとって思っていながら、

ついつい手があくと何か自分の好きなことにだらだら時間を費やしてしまう。

こんなたった数十分も捧げることができない自分が情けなくてしかたない。


もちろん勉強として聖書は毎日開いている。

今のコースに入ってから聖書の知識を勉強するようになって、

聖書を色々な角度から見れるようになって、

すごくおもしろいのは事実だ。

でも、それだけなのだ。

知識はあくまで信仰のベースでしかない。

おれのスピリチュアル的な部分を養うことはできないのだ。


神様との関係。

それは一方的に学ぶものじゃない。

お互いに築き合っていくものだから。

おれはそれを最近忘れてたのかもしれない。

知識にばかり目がいってしまい、

肝心な一番大切な部分が抜けてしまっていた。


は~あ。

こんなことにつまづくとはw

まだまだおれもケツが青いなっ!!


裏付けされた証拠から信じる信仰じゃなく、

純粋に神を知りたいと思う心、

それが今のおれには必要だね!


ここに来て新たなチャレンジ...なのか?知らんけど、

でも、これを乗り越えたらもっと神様と仲良くなれそうな気がする。

おれ、神様がやっぱ好きだからさ。

誰がなんつっても。

一筋だからw


そうだ。

前にコメントで今どんな本を使って勉強しているのか教えてほしいというのがあったので、今日は一冊ご紹介!!

51PG8KF4YDL._BO2,204,203,200_PIlitb-dp-500-arrow,TopRight,45,-64_OU01_AA240_SH20_


Stanley J. GrenzによるCreated for Communityと言う本。

英語もそこまで難しくなくすらすらと読める感じ。

でも、要点をしっかりまとめてくれているのですごく勉強になる。

神学を始めてみたいな~ってときにいいんじゃはないかなって思います。

ちなみにこの本は、今のコースのChristian Worldview という科目で使用しています。


それじゃ、もうちょっとだけ勉強しよっかな!


クリックよろしくお願いしまーす!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
スポンサーサイト
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Yuriさん
初めまして!(たぶん...w)
シェアしてくれてありがとうございます。
神様との関係は、人間関係と一緒ですよね。やっぱり、話さなければ仲良くなるのは難しい。。これからもっと深い神様との信頼関係を築いていけたらいいですね!

さやちゃん
その節は本当にありがとうございました!
がんばって読ませていただきますw


そうだね!いつか神様について語ろう!
でもギャルズ会は勘弁してくださいw
2008/03/02(日) 20:14:16 | URL | 翼 #- [Edit
初めまして!(と言っても、もしかしたらJLHでお会いしたことが
あるかもしれません!)

翼さんの思い、今の私と一緒です。聖書は読んでいるのに、
知識として加えられているだけで、自分の中に、自分の心に
語って下さっている御言葉として受け取ってないというか、
少し客観的に読んでいる自分がいることに気付きました。

今思えばそんな時は、自分の欲からの思いだったり、
教会の一致に繋がらない思いばっかりが自分から出ていた
気がします。

今は、神様の愛だけに浸りたいです!


2008/03/02(日) 03:02:15 | URL | Yuri #8cAj561Q [Edit
この本見覚えがある!?
あ、これはつばさのご命令により
クリスチャン書店まで取りに行かされたやつだ!
わざわざ買いにいったんだから、inside out, ちゃんと読んでね~。(笑)


2008/03/01(土) 18:13:12 | URL | Sayaka #- [Edit
>ついつい手があくと何か自分の好きなことにだらだら時間を費やしてしまう。
Same hereです。
自分を強め、生かすのは神様のみ言葉のみ。
この世で生き抜く為には、人との関係よりも何よりも神様との関係を確立してくべき。
って分かってるんだけど、分かっていながらも時間が出来たらついついバカボンドとか村上春樹とかを読んでしまう自分がいます。
翼君、ケツの青さなら私も負けないよ。
ケツ、て。
大変な時とか辛い時だけじゃなくて、四六時中神様の愛に浸る私でありたい。
神様の愛を求めたい。
神様も私を求めてるはず。
そして存分に用いようとしてはず。
翼君、いつかさ、ほんとにほんとに神様とうちらのことについてのお喋り会をしようよ。
あさこちゃんとギャルズ会開くけど、参加しますか?
翼君だったらo.k.て満場一致で皆言うと思うんだけど。
これから学校、行ってきます。
サイコロジーのReading終わらない。
2008/03/01(土) 02:28:49 | URL | #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。