スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

Grace & Favor Semminer 2日目

2006.09.13 *Wed
今日もまたまた行ってきました!

最終日の今日、昨日に増して会場もヒートアップしてた。

パスター・ジョセフ…おそるべし。

きっと牧師じゃなきゃ、お笑いの道に走っているだろう 笑

面白すぎ 笑

今日のポイントは、神様をどうやって愛するかに目をとめるのではなくて、

神様の愛に目を留めるということ。

聖書の中の創世記でアブラハムがイサクをいけにえとしてささげようとするところがある。

このときのアブラハムはどんな気持ちだったんだろうか。

きっと、心が張り裂けるくらい悲しかっただろう。

やるせなかっただろう。

それでも、アブラハムは神様の命令に従おうとしたのだ。

神様にとって、キリストは唯一の息子だった。

その息子を神様はおれたちの罪のためにいけにえとしてささげたのだ。

どんなに苦しかっただろう。辛かっただろう。

目の前で自分の息子が殺されるのだ。

でも、神様はその苦痛以上に自分たちのことを愛してくれた。

自分の息子の死以上におれたちのことを選んだのだ。

私達が愛してるんじゃない。

私達が愛されているのだ!ただただ神様のはんぱない恵みによって!

俺たちが生きてることそのものが恵み(Grace)なのだ!

俺たちは律法から解放されて、今は恵みによって生かされているだけ!


いいメッセージでした。

神様の愛のでかさをまた考えさせられた。

船に乗って、酔いそうになったとき、どうすればいいか知っていますか?

水平線をじっと見ること。

どんなに船が揺れて不安定でも、水平線だけはいつもまっすぐ動かないから。

クリスチャンの信仰も同じ。

神様っていうどんなときも揺るがない存在に目を留めていると、今自分の足元でどんなことが起こっていても大丈夫なのだ!

みなさんは愛されてます!☆☆











スポンサーサイト
COMMENT : 1  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/20(水) 22:56:33 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。