This Category : 日記

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

一段落。

2010.02.11 *Thu
ふぅ~

やっと一段落着いた…かな。


オーストラリアからの帰国後、怒濤のようにすぎて今日に至りました。
本当はゆっくり旅のことを書こうと思ったんだけど、



あ、ちょっと無理ですね!笑



ってことで、夕香子がうまーく旅のことをまとめてくれてるので
こっちをどうぞ!




実は、1月27日に一度釧路に帰ってきたんですが、
2月7日にあったグローイングアップのために3日に札幌に戻り、
そして、今日帰ってきましたー!


すんごい濃厚な6日間でしたよー。


札幌ラーメンも濃厚(ラーメン一日三食いけますけど、何か?!)だったけど、
今回は違った意味ですごく濃厚でした。


札幌のユースリーダー3人が共同生活しているフェローシップハウス、通称”Cloth”にずっと泊めさせてもらってたんだけど、ここの人達がまた熱い。


ちょっとかるーく紹介しますね。



一人目は知る人ぞ知る、和製ワーシップリーダー、長沢崇史。

僕の2回目の札幌滞在の時は奉仕で関東に行ってたから会えなかったけど、
前回泊まったときは色んな事話しました。

彼、なんと言っても熱い。
そしてビジョンがでかい。
めっちゃ、励まされました。



そして二人目は、ワーシップリードからメッセージまでやってのけ、常に笑いを追求している熱い男、田中満矢。

札幌滞在の間、たぶん一番時間をともにしただろうこの人。
とにかく自分の召しにささげまくっている彼。まさにロールモデルにふさわしいリーダー。

一緒にディボーションして、ビジョン分かち合ったりしたけど、
かなり熱いです。めっちゃくちゃいい刺激受けました。



三人目はカナンの一階でひだまりカフェを経営し、伝道に命をかけている男、ビッグ。

猛雨吹雪の中、徒歩で家に帰って来て全身完全に凍っていた彼だが、
その心はいつでも熱い。この人はマジでもてなしの人。心の広い、優しいリーダーです。

カフェを経営する事によって、教会の敷居を下げ、
誰でも気軽に出入りできる環境を作り、そこから救いへ導くのが彼のビジョン。
そんなカフェに僕も2回ほどお邪魔しましたが、あったかくて、まさに日だまりのようなカフェでした。


そんな彼らが住む家に泊まっていたのだが、すごくいい時間でした。
自分のビジョン、期待、不安、雑談などなど色んなことを話して、
彼らが通ってきた色んな証を聞いて、めちゃくちゃ励まされました。

信仰の友は永遠の宝ですね!



そして2月7日のグロもかなり熱かったです。
たくさんのユースが燃やされて、それぞれの教会へ帰っていきました。


地域が変わっていくために、
街が変わっていくために、
日本が変わっていくために、
そして、世界が変わっていくために
整えられている若きリーダー達がそこにはいまいした。


よく誰かが日本の教会は死んでいるなんて言うの耳にします。
それは全くの嘘です。嘘もいいとこです。


時代は変わっていきます。
世代も変わっていきます。
クリスチャンの文化も変わっていってます。


もう伝道が実らない国、日本ではありません。
これからは世界のリバイバルをリードしていく国、日本になるでしょう。


最近よく耳にする事。
それは若い世代のクリスチャンの中に神様が働き始めているってことです。
今回グロに参加して、本当の意味で理解できました。


リバイバルを待ってるだけじゃない、出て行こうとしているクリスチャン達がこんなに沢山いる。
それぞれが与えられてる職場、学校、家族、教会において、神様の手となり、足となり、
神様のために本気で命捧げようとしてる若者達がこんなにいる。
今回、その事実を神様に見せつけられました。


楽しみですね。これからの日本!
これから変わりますよ!



そんなこんなな熱い札幌滞在期間だったけど、観光だって忘れてません!
ちゃんと行ってきました雪祭り!
IMG_0034.jpg
↑緑の彼は最近流行っている円山動物園のキャラクター、マルヤマン!
実に勇ましいっす。

IMG_0035.jpg
↑これは後ろからだけど、スノボー用のジャンプ台。

IMG_0036.jpg
↑ミッキー&ミニーの雪像

IMG_0038.jpg
↑氷の館(?)

IMG_0044.jpg
↑寺院(?)


まあ、とにかくめちゃくちゃ奇麗でした!
札幌の自衛隊のみなさん、お疲れサマッした!



好きです、札幌。








COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

札幌にて。

2010.01.24 *Sun
ご無沙汰してます。

まぁ時間が経つってのは早いもので、
実は日本に帰ってきてま~す!!


着いたのは先々週の月曜日。
今回は一時帰国ではなく本帰国。

期待半分不安半分で降り立ったこの地
わが故郷、日本。

まずは横浜で3泊、ゆかこの実家にお世話になり、

その後、大阪で懐かしい仲間との再会ありまくりの5日間、
photo.jpeg

そして今、僕は真冬の北海道、雪が積もる札幌にいます!



この数週間いろんな事をして
いろんなことを見て
いろんな人と話して
いろんな人と出会って
あっと言う間に今日になってしまいました。


すごい充実した毎日の中で
神様が日本にしようとしている大きな計画
その種火を今まさに目にしています。


でかいです。
思ってた以上にでかいです。


でも、それと同時に示されたのは
福音の必要。


ここに来て
本当の意味で現状を見て
本当の意味でそのニーズ理解しました。


まだまだ自分の中で定まらない目標にイライラしつつも、
神様の大きさを日々体験する毎日です。


荒野に道を作る神様に期待して、信頼して
進んでいきたい。そう心から思いました。



これから火曜日まで札幌に滞在して、
マイホーム釧路に帰ります。

帰ったらまたゆっくりこの旅の事を
ブログに綴りますね。

今回はとりあえずの報告ということで!






ただいま、@クロス in 札幌。
心の友、みちやが隣のソファで爆睡してます(笑
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

ただいま!

2009.10.16 *Fri
どもども!

かれこれ五ヶ月近く音沙汰ありませんでしたが、
やっと更新してます。

今住んるマイハウスにネットがないもんで、
更新出来なかったんです。



実は今、



僕は、



なんと、




日本にいます!!!



今、学校は2週間のミッドセメスターブレイク。

最後のクラスが終わり、

せっせと支度をして日本へ。

帰国の理由は1、2年前からがんで苦しんでいたばあちゃんに会うため。






…のはずだったんですが。








実は帰国の一週間前、

ばあちゃんが亡くなったことを母から告げられた。



本気で泣いた。

大声で泣いた。



あと一週間だったのに…。

会って『ありがとう』って言いたかったのに…。



やるせない気持ちでいっぱいになった。

どうして?ってなった。



ばあちゃんはクリスチャンじゃなかったからだ。


だから、今回が最後のチャンスになると思って

マジで伝道するつもりだった。


気合い入れて祈った。

御言葉が与えられるように祈った。



そんな沈んだ気持ちのまま母に電話すると、

母から驚くような事実を教えられた。



なんと今までかたくなにキリスト教を拒んでいたばあちゃんが、

最後にがんの痛みと苦しみの中で、

『イエス様~!!』

そう叫んで息を引き取ったという。

それを聞いた時心から安心した。



『あ~最後に神様と出会えたんだ。

会えなかったけど、また天国で会えるんだな。』

そう思った。



親戚のおばさんが亡くなったばあちゃんを見てこんなことを言ったらしい。

『あれだけ痛みで苦しんで、しわだらけの顔をしていたのに
今はこんなに安らかな顔して眠ってるなんて。きっとキリスト様のおかげだね。』



葬式もキリスト教式で行われた。

今まで福音が語られなかったたくさんの人たちに福音が語られた。



神様の計画がそこにあった。

悲しいけど、うれしい。



おれも生きようと思う。

神様の導きの中で

精一杯生きていこうと思う。



のこり一週間となった日本での生活。

何か意味のあるモノになってほしい。


COMMENT : 3  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

情とリーダーシップの間

2009.05.20 *Wed
今日のコネクトグループでチャレンジされた事。


『リーダーたるものメンバーを励ますだけではなく、
              注意してチャレンジする事も必要。』



ここの分野に関しては得意な人と不得意な人がはっきり別れるだろう。

自分はどっちかというと苦手な方だ。


すぐに人の事を考えてしまう。
いわゆる情が先に出てしまうタイプだ。


これ言ったら傷つくんじゃないか?
こんなこと言ったら、二度と話してくれなくなるんじゃないか?


こんな風にしょうもないことばっかり考えてしまう。


でも、チームの中で自分の意見、考え、ビジョンをしっかりと人に伝えるためには、
時に厳しい事も口にしなければいけない。

嫌な事も言わなければいけない。

そうじゃないとその問題は何も解決せずにただ時間だけが過ぎてしまうからだ。



今日、うちのパスターズが言ってたことは印象的だった。

『チームを導くための尊敬と信頼を勝ち取る上で、
人を注意すること、チャレンジすることは欠かせないもの。』


当たり障りのないことばかりを言って、“波風たてないように精神”を貫いたところで
チームは本当の意味で一つにされていかない。

成長しない。


あるヒルソングのワーシップチームのリーダーが言っていた。

『リレーションシップ(人間関係)がチームを建て上げる』


もちろん個人的な信仰のレベルや楽器をひく技術の高さもすごい大事だと思う。

でも、そこにホンモノの信頼関係がなかったら、
お互いに言い合える関係がなかかったら、

本当の意味で“いいチーム”とは言えないだろう。


お互いに高め合い、

信仰を磨き合い、

ビジョンを明確にしあい、

一つの目的に向かって前進していける関係。


それを建て上げるためにチームをチャレンジする。

注意する。



そして絶対に忘れてはいけない“励ます”こと。


気づいたこと気になることを並べ立てるだけじゃなくて、
その人のいい部分、尊敬する部分を見つけてほめてあげる。


もし、この2つがうまく出来るようになっていけば、

チーム内の関係はきっとすご良くなっていくだろうと思う。


大切な仲間達がさらに成長するために、

もっと固い絆で結ばれたチームになっていくために、

そして神様の目的のために一人一人が世界中で用いられていくために、

今自分が出来る事をしていきたい。

そう強く思ったコネクトグループだった。



学ばなきゃいけない事はまだまだたくさんありそうです(笑
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

たいむまねーじめんと

2009.05.14 *Thu
『時間は探すものではなく、つくるもの。』


最近ノートに書き加えられた一言だ。

今までは必死で時間を探して、

できることだけやってきた。


でも、もうやめた。


理由はある日、何気なく思ったことがきっかけ。




時間は勝手にできるものではなく、

つくるもの。



探すものではなく、

つくるもの。



実は、最近はアサイメントやら教会関係やらですごく忙しい毎日が続いてて、

彼女とゆっくり時間を持てていなかった。

反省する点も多々ある。

気づいてはいるけど心にはそんな余裕もなかった。



僕には昔から絶対にこういう男にだけは絶対になりたくないっていうのが一つある。

それは仕事の忙しさを理由に
家族との時間をおろそかにする男。

これだけは絶対にやりたくない。
それは今でも変わらないことだ。



だけど最近そういう傾向にある自分に気づいた。
うわって思った。


だから、このままではいけないと思い立ったのが土曜日。
この間の月曜日に久しぶりに一日中一緒にいる時間を持った。

最近ゆかこが車を手に入れたからちょっと遠出して、
車で1時間半くらいドライブして、セントラルコーストでデート。


たいしたことはしてない。



写真とって、

DSCF0480.jpg



一緒にご飯食べて、

DSCF0515.jpg



散歩して、

DSCF0487.jpg

DSCF0522.jpg

DSCF0490.jpg



カフェでコーヒー飲んで、

DSCF0535.jpg



ペリカン見て、

DSCF0545.jpg



それだけ。


でもたったそれだけの時間が本当に大切なんだって思った。


すごくリラックスできたし、
二人の距離もまた一歩分くらい近づいたと思う。



どんなに忙しくても、

どんなに切羽詰まってても、

大切にしなきゃならないものがある。


って気づかされた今日このごろでした。
COMMENT : 5  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

■■

プロフィール

翼 - Tsubasa -

Author:翼 - Tsubasa -
生まれと育ちは北の大地、北海道。高校3年の夏、進路をいきなり変更してオーストラリア留学を決意。そして高校を卒業して10ヶ月後の1月、シドニーへ渡る。1年目を語学習得に費やし、その後Hillsong International Leadership College に入学。2007年12月、そこでの2年間の過程を終えて卒業。その後、Southern Cross College Hillsong Campusに編入し、そこでさらに2年間の過程を終え、神学の学士号を取得。今は日本に帰国し、神様のために働いている。

性格は全くもってマイペース。よく周りにぼーっとしてるねって言われる。モノ忘れはちょっとひどい。大切なものをよく置き忘れる、なくす。財布も携帯もなんのその。平気でテーブルの上に置き忘れて帰る。でも、今まで返ってこなかった事は一度もない。神のあわれみである。

そしてこの人を紹介せずに人生は語れない。僕が心から尊敬し、愛してやまないのが“Jesus”。彼なしの生活はありえない。彼との関係、信仰がおれのライフスタイルの中心、そしてなにより人生の基盤。

僕のビジョンはこのジーザスの愛をこれまた大好きな音楽ってカタチを通してひとりでも多くの人に伝えていくこと。彼は自分の命を犠牲にして僕らを救ってくれた。だから僕も人生かけてそれに答えたい。

Nothing else can separate me from His Love...!!



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近のコメント



過去ログ



Copyright © Lifestyle -奇跡の足跡- All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。